ベックの教育方針

海外のプリスクール?

当ベック英才幼児園は、徹底した英語環境の中で幼児教育を実施することによって日英バイリンガル児を育成しているプリスクール幼児園です。

生徒たちは、登園から降園まで英語だけで過ごします。英語を教科ではなく日常生活語として使用することで、こども達は驚くべき早さでしかも高度なネイティブ同様の英語を身につけていきます。
生徒はごく普通の日本人家庭のこどもばかりです。保護者の多くは英語が話せませんが、そのことが生徒の英語に影響することはありません。英語ゼロのこどもが入園半年後には英語だけで話すようになります。

園内では生活すべてが英語です。もちろん遊んでいるときでも生徒たちはお互いに英語で話します。もし誰かが日本語を言ったらすぐに“No Japanese!”と注意されます。もちろん英語を読めるようになったときはネイティブのように英語のままで理解できます。日本語に訳すことはありません。生徒たちが流暢に英語を話す園内はまるで海外のプリスクールのようです。

自立と体力

当園の教育基本方針は「自立」と「体力養成」です。

日英バイリンガル育成は当園の一番の特徴ですが、英語は園の生活語であって教育理念ではありません。

自立は、自信と自主性を促し、社会性や感情コントロール能力を高めます。自立した子どもは未来を自らで切り開いていく力があります。目標にチャレンジすることや友人関係などの日々の体験の積み重ねから自立は醸成されます。

体力養成の重要性は言うまでもありません。特に幼児期における体力つくりは大変重要です。様々な運動を通して持久力、敏捷性、平衡感覚、柔軟性を養成します。

日英バイリンガル

日本人のアイデンティティをもつバイリンガル

高度なネイティブ英語を身につけるとき注意しなければならないのが日本語と英語のバランスです。子どもが海外生活で英語を習得した場合、生活環境が日本とは全く違う異国ですから、帰国したときに文化、歴史、生活習慣などのギャップに悩むことが少なくありません。ときには日本人としてのアイデンティティが希薄になり精神が不安定になることさえあります。国を越えて国際的に活躍すればするほど文化や伝統などが重要になってきます。

当園の生徒の場合、園外はすべて日本社会ですからアイデンティティ喪失といった心配は全くありません。日本人としてのアイデンティティをもちながら高度なネイティブ英語を身に付けた理想の日英バイリンガルになります。

ページトップへ戻る